【在宅医療開業メモ117】クリニックブログにプライベート記事を書く本当のメリット。

医師がプライベートな記事を書く必要なんてあるの?とたくさんの人が思われると思います。確かに、先生が「ラーメン食べました」「ゴルフへ行きました」だけだと信頼性に欠けますよね。

でも、やっぱりプライベート記事があったほうがいい理由があるのです。それは、、

「採用に困らなくなる」からです。

募集記事を出しても応募がなくて困っているクリニックがたくさんあります。

そこで、医療知識以外の記事(プライベート記事など少し柔らかい内容の記事)を増やしてもらうことで応募者が増えた事例がたくさんあります。

どうしてでしょう?

それは、働く人にとって気になるのは、先生の医療知識ではなく、どんな人が働いているかということだから。

医療知識の記事からは「どんな人か」はわかりづらいですが、医療知識以外の記事(プライベート記事など少し柔らかい内容の記事)からは「働いている人」がイメージしやすいです。

職場の人間関係に悩んだことがない人はいないのではないでしょうか。そうです。

医療知識以外の記事(プライベート記事など少し柔らかい内容の記事)を書くことは、クリニックの雰囲気やクリニックで働く人のお人柄が伝わりやすいのですね。だから採用の「応募者を増やしたい」ならプライベート記事はとても有効です。

プライベート記事は、プライベートを紹介する記事ではなく、クリニックの雰囲気、働く人のお人柄を伝える記事なのです。

ただし、「ラーメン食べました」ばかりなど「この先生ってどうなの?」と思われる記事は避けたほうがいいですね。

参考にしてください。