【在宅医療開業メモ33】「受け入れ可能な医療処置症状・病名一覧」を必ずホームページとリーフレットに書きましょう。

在宅医療クリニックがホームページに書いておいてほしいこと。

それは「受け入れ可能な医療処置症状・病名一覧」です。

高齢者介護施設さん、ケアマネージャーなど関係者さんが在宅医療クリニックに対して知りたいのは「受け入れてくれるかどうか」です。

だから、ホームページのわかりやすい部分に必ず「受け入れ可能な医療処置症状・病名一覧」を書くようにしてください。もちろん、リーフレットにも書いてくださいね。例えばこんな風に書きましょう。

受け入れ可能な医療処置症状・病名一覧
◯胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養
◯在宅中心静脈栄養法(IVH)
◯在宅自己注射
◯在宅酸素療法
◯膀胱留置カテーテル
◯人工肛門・人口膀胱
◯気管切開カニューレ
◯在宅疼痛コントロール
◯褥瘡管理
◯人口呼吸器
◯ALS(筋萎縮性側索硬化症)
◯在宅ホスピス
◯末期がん
◯在宅での看取り希望

*上記以外の処置や状態、病名の方であっても、受け入れ可能な場合もございますので、ご相談ください。

○○在宅クリニック ○○-△△△△-□□□□

知りたいと思われていることを「わかりやすく」「すぐ目につく場所」に書きましょう。それだけでお問い合わせが急増します。

参考にしてください。