【在宅医療開業メモ129】「聞きたいことが聞けなかった」という患者様の不満を解消する方法

どなたも一回は経験あるのではないでしょうか?クリニックへ行ったけれど質問しづらい雰囲気で、聞きたいことが聞けなかった。

先生が忙しそうだったから、先生がパソコン画面ばかり見ているから聞きづらかった、中にはうっかり聞くのを忘れてしまったという方もいらっしゃいます。この不満を解消するには、会計時などに受付スタッフが「なにか聞きそびれたことはございませんか?」とお声がけするとよいです。

また、会計が終わって出入口の方向へくるっと振り返ったときに「聞き忘れたことはございませんか?」と書いたポスターを貼ってもいいですね。

他におすすめしたい方法は、クリニックのサポートセンターを作ること。サポートセンターと言っても、フリーダイヤルを設置するだけですが、ここまですると「聞きたいことが聞けなかった」という不満は完全を解消できます。

参考にしてください。