【在宅医療開業メモ81】スタッフがギリギリの人数のとき、院長先生が気をつけること。

スタッフが多い目の方が当然助かりますよね。でも、人件費を考えるとそうも言ってられません。「少ない中でがんばってほしい」と院長先生なら考えるのではないでしょうか?

ここで注意点!

ギリギリの人数であることはスタッフにもわかります。よくあるケースとして(あってほしくはありませんが)「わたしが辞めたら困るでしょう」という態度で揺さぶりをかけてくる人がいます。

面接時に見抜けたらいいのですが、なかなか見抜けません。

ただ、こういう状態が起こりづらくすることはできます。 院長先生があたふたしないことです。

「やめます」と言ってこられたとき、「わかりました」と即答できる状態にしておくことです。 たとえば、院長先生がレセプト請求できたらあたふたしないはずです。

完璧にはできなくても大丈夫です。電子カルテを利用しているなら、サポートセンターが対応してくれます。 つまり、院長先生があたふたしないことが、次の揺さぶりを起こりづらくできるのです。

揺さぶられて「給料アップ」「豪華な慰安旅行」をしているクリニックで、人間関係がうまくいっているクリニックはありません。

参考にしてください。