【在宅医療開業メモ53】医師ひとりの在宅医療クリニックが「24時間対応」できる方法。

在宅医療事務代行のダニエールです。

医師ひとりで在宅医療クリニックを運営しているところも多いかと思いますが、「24時間対応しなければいけない」から、在宅医療をはじめることを躊躇する先生も多いです。

では、どうしたら医師ひとりでも在宅医療クリニックができるか。

夜中に複数から呼ばれると睡眠時間がなくますよね。なので、昼間に、患者様やご家族、高齢者介護施設にマメにお声がけしましょう。夜中に急変することもありますが、昼間から体調が悪くて夜中呼ばれることも結構あります。

だから、昼間に先生や看護師、他スタッフが「お変わりありませんか?」とお声がけすることで昼間に対応することができます。

医師ひとりだと、訪問診療中に呼ばれた場合、どうしたらいいのでしょう。

診療中はすぐ対応できません。その場合はどのように対処したらいいでしょうか。

診察中であること(急患がありすぐには駆けつけられないこと)
○時くらいに到着できます
看護師が先に伺います

など、今すぐ対応できない理由と対応できる時間をお伝えしたら安心していただけます。

先方も、医師ひとりのクリニックだとご存知なので、すぐに対応できないことは理解していただけるはずです。

だから、伝えるべきことを丁寧に伝えましょう(現状と今後の対応)。

実際に、医師ひとりで在宅医療クリニックをしているところはとても多いです。だから、工夫してやっていきたいですね。

参考にしてください。